なぜ何度も聖書を読むのか?


 

こんにちわ!
Daveです^^

 

今日は「なぜ、聖書を何度も読むのか?」
という質問を頂きました。

 

「えっ!?」
聖書って1回読んで終わりではないんですか?
とさらに疑問が来てしまいそうですが。

 

聖書は読めば読むほど、スルメイカのように味が出ます。
(この喩えがいいかはわかりませんw)

 

 

Daveは大学生の時から読んでいるので
もう何回読んだからわかりません。特に新約は。
基本的に電車の中で読むので、毎日決まった時間
決めた分量だけ読むことが出来ます^^

 

 

さて、本題に。
なぜ、何度も読むのか。
聖書以外は繰り返し読む本は正直ありません。

 

 

私の答えは

「その状況に応じて、必要なメッセージを貰えるからです。」

 

聖書は神様からのメッセージなので
読んだ箇所を通して、神様が感動をくださいます。

 

今日も御言葉を聞いているだけになっているな~と
感じていた時、ヤコブの手紙を読んでいて。

 

◆ヤコブの手紙1:22~26

そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。
おおよそ御言を聞くだけで行わない人は、ちょうど、自分の生れつきの顔を鏡に映して見る人のようである。
彼は自分を映して見てそこから立ち去ると、そのとたんに、自分の姿がどんなであったかを忘れてしまう。
これに反して、完全な自由の律法を一心に見つめてたゆまない人は、
聞いて忘れてしまう人ではなくて、実際に行う人である。

こういう人は、その行いによって祝福される。

 

アーメン。
言葉が出ません。

「行います!」

 

という感じで、聖書を通して神様とやり取りをします。
この体験をつむと聖書を読むことをやめられなくなりますw

 

ぜひ、聖書を空いた時間に少しでもいいので
読んでみてください♪
必ず、神様からメッセージが来ると思いますよ^^


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。