今だからこそ、わかること


こんばんわ!
Daveです^^

 

久しぶりに、母校に行く機会があり
自分が学生生活をしていた時を色々考えながらキャンパスを
1周回りました。

 

高校の時は、テニスがしたくて大学に行こうとしたが
怪我で出来なくなり、行く目的を失い、行く時をためらっていた。
さらに海外の大学に行きたかったので、日本の大学に行くことは
選択肢になかった。

 

しかし、当時先に海外に留学した友人が、海外生活について
いけなくて、かなりつらい思いをし、途中で帰ってきた話を
聞き、ためらってしまった。。(意外と思いが弱かったなと)

 

日本の大学に行って、留学するかと考え
選択肢になかった日本の大学を受験することに。
もちろん、テニスしかやってこなかったため、学力は、、、
大学に入れただけでも感謝しかない。
受験科目に英語がなかったら、本当にヤバかったと思う。

 

大学に入ってから目標も見つけ、自分の夢も探そうと思い
希望をもって、大学に入ったが実際は簡単ではなかったなと。
海外に行ったときは、それが遅いということを痛感させられました。

・海外:自分がこうなりたいからこの教授に学ぶため、この大学に行く。
・日本:とりあえず入ってから、自分の夢を見つけよう。

 

カルチャーショックをいい意味で受けました。
大学に入って、すべきことの核心は
・コミュニティを広げること。
・しっかり勉強すること。

だなと

 

今なら、大学生に教えてあげたいなと思います。
就職のために、卒業するために大学に行くのはあまりにもったいないと。
大学に行ったならば、今まで会ったことない人に会い
自分の可能性を広げ、一生懸命勉強して、自分の専門分野を
極めて欲しいなと思う。

 

 

社会人になって、時間が無くなり
大学時代がいかに重要な時だったのかを思い知らされる。
幸いにも、それを教えてくれる人に出会えたが、やはり社会人になるまでは
分かっていなかったなと今振り返ると。
「人生の夏休み」と言われる大学生活。

 

 

大学で大きく転換する人をたくさん見てきました。
自分の夢に向かって、突き進んでいく人。
または、遊びまくる人。
どちらも結局は自分の選択次第です。

 

 

大学生活も、社会生活もあくまで過程に過ぎないと
今は思います。結局は自分が何を成したいか
それを本気で考え、探しまくれるのは大学の時しかないなと。
社会人になって、ワーホリなどすればまた別ですが。

 

 

大学に入ると、目の前のことに溺れがちになってしまいますが
(身を持って、体験済ですw)
視野を広げて、自分の将来に真剣に向き合って欲しいなーと
キャンパスで学食も食べたり、懐かしの場所に行ったりして
キャンパス生を過去の自分と重ねながら、思いました^^

 

 

また行こっと★


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。